生命保険代理店業務

保険会社の保険販売代理店ではなく、お客様のメリットを最大限に活かした「保険購入窓口」となります。

事業を行っている方、会社の経営者、個人の生活等のニーズを分析し、複数保険会社の多様な商品ラインアップの中から商品特性・保険会社財務力等諸要素を考慮・整理の上、お客様にベストマッチなファイナンシャルプラン(企業防衛、福利厚生、学資保険、相続納税資金、年金対策等)及びリスクマネジメントにかかわる問題解決型のご提案を行います。

通常の保険会社の営業マンや保険代理店では、自社商品のみの取扱いしかできません。
また代理店手数料等を狙った形での提案ともなりかねません。

当事務所では、お客様の要望に応じた商品を複数社から検討することが可能です。
また代理店手数料をメイン収入としていないため、真にお客様に最適なプランをご提案可能です。

生命保険料は、税務との関係も密接です。また財務との関係も深いものがあります。
節税の為だけの保険活用ではなく、会社やご自身、ご家族の為の保険活用をおススメしています。

保険指導に関する方針

○関与先の実情に応じた保険指導を行います。

・関与先の経営状況等実情に応じ、関与先にふさわしいと思われる保険指導を行います。
 未成年の方、特に15歳未満の方を被保険者とする場合には、適正な保障額が設定されるよう
 適切な保険指導を行います。
・また、金利、為替などの変動により元本割れが生じるリスクがある商品(変額保険、個人変額年金保険など)は、
 関与先の購入目的、投資経験、年齢、収入の状況などに十分留意し保険指導を行います。

○関与先の立場に立った保険指導を行います。

・関与先と十分な打合せを行い、関与先のニーズに合致した保険指導を行います。
・保険指導を行う場所・時間帯については、関与先のご都合に十分配慮します。

○法令等を遵守した適正な保険指導を実践します。

・法令等を遵守した保険指導を行います。
・関与先の情報は適切な取扱いを行い、プライバシー保護に努めます。
・関与先本位で、かつ、より高度な保険指導が実践できるよう、当事務所の研修制度に基づき、
 きめ細かな教育・研修に努めます。

※当保険指導方針は、金融商品の販売等に関する法律第9条に基づき策定したものです。